読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インクと紫煙と珈琲と。

買った本、読んだ本。数多ある本たちとの数奇な出会いを綴ります。

2017/03/10

一日空いてしまいました。

一昨日、SNSでちょっと嫌なことがあり、塞ぎ込んでしまい、頭痛薬やら吐き気止めやら睡眠薬やら飲んでとっとと寝てしまいまして、ちょっと、昨日もあまり携帯を触りたくない気持ちだったので。

まぁ、人間生きてりゃ浮き沈みもあります。

 

今朝、ゴミ出しをしてから郵便受けを見に行ったら少し前に岡崎武志さんと山本善行さんにお手紙を出したのですがお二人同時にお返事を頂きまして、またまた感動。

岡崎武志さんには、「気がついたらいつも本ばかり読んでいた」(原書房)を読み終えて 意を決して読者カードを送らせていただいたところ、ご丁寧にお返事を頂いて、二度目のやり取りだったんです。

 

気がついたらいつも本ばかり読んでいた

気がついたらいつも本ばかり読んでいた

 

 山本善行さんは〈古書善行堂〉さん店主として、オンラインショップで買い物をさせていただいた時に、お葉書をご丁寧に頂いたのでそのお返事だったんですが、林哲夫さんの描かれた素敵な善行堂の葉書でまた、お返事を頂いたんです。

 

定本 古本泣き笑い日記

定本 古本泣き笑い日記

 

 ↑オススメです。めちゃくちゃ面白い。

 

岡崎武志さんに至っては、なんとか己の手で見つけようと思っていた「詩集 風来坊」(スムース文庫)の手持ち分を一部くださったんです…嬉しすぎて泣きました…

岡崎さんには泣かされっぱなしです。本当に優しくて、人の気持ちに寄り添える人。詩集もとっても素敵であっという間に読んじゃいました。これは本当に何度も読み返したい一冊。

20日辺りに「岡崎武志詩集 風来坊ふたたび」が〈古書善行堂〉初出版として発売予定のようで、予約したので早速楽しみ。

 

崩れかけていた自我を取り戻すためにお二人に出会えたことをとても感謝しています。会うことこそ叶わないかもしれませんが、

いつまでもお二人の活躍を祈ってます。

 

何冊か、読み終えた本があるので後ほどご紹介します。

 

 

江崎 すみ歌。